完成工事紹介
都立城東高等学校(29)改修空調設備工事
都立城東高等学校(30)体育館空調設備改修工事

(工期:2017年10月20日~2019年7月8日)

(工期:2019年3月8日~2019年7月8日)

監理技術者: 山中 繁男
現場代理人: 山本 麻弘

都立城東高校とは

東京都立城東高等学校は江東区大島(最寄り駅はJR亀戸)にある、1978年に開校した男女共学の普通高校です。各学年は9クラスから成り、スポーツ強化校に指定された文武両道を目指す高校です。

1999年及び2001年には東京都代表として甲子園にも出場しています。 まだ、歌人であり、小説「野菊の墓」の作者として知られる伊藤佐千夫は晩年をこの地で過ごしており、敷地内には歌碑が建立されています。

建物の概要と特徴

敷地概要
所在地 東京都大江東区大島三丁目22-6
延面積 27,645㎡
構 造 校舎棟 RC造4階建
体育館 RC造4階建
プール棟 RC造2階建
設計・施工
設計・監理 株式会社大誠建築設計事務所
建築工事 菊池・練馬建設共同企業体
電気工事 株式会社ヤマト電設
空調設備 日本装芸株式会社
衛生設備 日新設備株式会社

工事への取組み

今回の工事では校舎棟、体育館棟の全面改修とプール棟の改築工事を行いました。

首都高速道路が傍を通っているので、騒音対策の為建設当初から空調設備は設けてありました。今回は既存の空調・換気設備の全面更新を行うとともに、体育館には最終的に新たに空調設備を設けました。

現場地域は地下からメタンガスの発生が懸念されるエリアであるため、既存のメタンガス検知及び排気システムの更新も実施しました

■工事を終えて

校舎棟・体育館棟の改修とプール棟の新築が同時進行であったため、各棟毎に異なる品質管理項目について確認する事項が多く、大変な作業となりました。

体育館棟とプール棟については工期半ばの部分完成時点で学校側に引き渡し、運用が開始されました。その後、体育館への空調設備取り付けが新たに決定されたために別途の工事が発生し、全体の竣工に合わせるための工程調整には苦慮しました。

東京都財務局及び工事監理担当の設計事務所のご指導のもと、各工事関係業者が一丸となって協力し合い、全工期において無事故無災害で無事完成、引渡しをする事ができました。

お問合せ窓口
メールでのお問合せはこちら