省エネ商品 Ecolotool

Ecolotoolとは

当社は創業以来、第1次オイルショックの時代から、省エネルギーな設備をお客様に提供できるよう、熱湯環境システムの特許も取得し、技術改良を重ねてまいりました。

Ecolotoolとは温泉施設における熱湯循環に関して、熱源を高効率、かつ省エネルギーに運転するシステムで、従来の油焚温泉ボイラーとヒートポンプ給湯器とをシリーズ(直列)に組み合わせることにより、ライニングコスト及びCO2排出量を大幅に削減できる温泉ハイブリッド省エネシステムです。

温泉施設の給湯加熱負荷を、年間を通したベース負荷と変動負荷に分け、それぞれヒートポンプ給湯器と温泉ボイラーに持たせて運転させ、省エネルギーを図ります。

Ecolotool以外にも、お客様の施設の運用状況やご要望に合わせ、環境にやさしい自然冷媒(CO2)を使用する高効率ヒートポンプ給湯器による省エネ給湯加熱システムなどもご提案できます。

Ecolotoolの仕組み

源泉温度が十分に高く、浴槽に提供する、水調整を要する施設であればEcolotoolは必要ありません。日本の温泉施設では、約9割がボイラー等による加熱が必要であり、それに係るコストが経営者にとって大きな負担となっています。

この温泉槽の過熱方式である、従来の熱交換回路の前に「ヒートポンプ給湯器」による温水回路を設け、ボイラーの運転負荷を最大限低減することで適用後のシステムは、ライニングコストとCO2排出量の大幅低減を図ることが出来、経営者の燃料コスト負担を減らすことが可能です。

既存のシステム
適用後のシステム

Ecolotoolの施工事例

神奈川県厚木市の七沢温泉にある温泉旅館

七沢荘様

2010年11月リニューアル。

泉質: 単純泉 37.4度、27.7度 湧出量 79ℓ/分

神奈川県一の強いアルカリ度を誇る天然温泉で、湯上がりはツルツル!大浴場と3つの露天風呂がある。

Ecolotoolは2.5m×6.0mと車1台分の駐車スペースで設置が可能。

Ecolotoolの効果 その1 圧倒的なコスト削減

導入前の燃料コスト
導入によるコスト削減効果
予想される削減額

Ecolotoolの効果 その2 ハイブリッド方式によるCO2削減効果

現状(灯油ボイラ)
熱源の約8割が電気に置き換わることでCO2削減!
ハイブリッド方式

※約8割を電気に置き換えコストは半減

千葉県内K温泉の試算例

Ecolotoolは地球環境を守ると同時に、お客様の施設の効率化を支援します。
事前に無料で効果数値をご提示することが可能です。お気軽にお問合せください。

お問合せ窓口
メールでのお問合せはこちら